シラグラの効果や副作用をまとめてみました

silagra

シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品としてインドの製薬会社「シプラ」が製造・販売しています。

シラグラはEDの治療薬で、有効成分シルデナフィルがEDの原因である海綿体での血流障害を改善し、血流を増加させることで正常な勃起を促します。

シラグラはジェネリック医薬品のためバイアグラよりも安価で入手できますが、現在日本では許可が下りていないので薬局等で購入できません。

購入するには直接インドに買い付けに行くか、個人輸入するしかありません。

個人輸入の場合個人輸入代行業者を利用するのも手段の一つですが、偽物や粗悪品を掴まされることもあるので注意が必要です。

シラグラは食後に飲むと有効成分シルデナフィルの吸収が悪くなってしまうため、食前30分を目安に服用します。

また、シラグラには血管拡張作用もあり、服用後にアルコールを摂取すると急速にアルコールがまわってしまうので注意が必要です。

シラグラは頭痛やめまい、鼻づまりや消化不良の副作用が出ることがあります。

副作用は薬が体に合わないだけでなく、薬の量が多いことでも出ることがあります。

バイアグラの服用限度が50mgなのでシラグラもそれを目安に服用するとよいと言われています。

最初の服用時にはピルカッター等で分割し、少量からの服用をお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ