メガリスの特徴について詳しく解説しています

megalis

メガリスはバイアグラ、レビトラ、と並ぶ三大ED治療薬の一つのシアリスのジェネリック医薬品です。

インドの製薬会社「Macleods(マクレオッズ)」社が製造・販売しています。

メガリスの有効成分タダラフィルは勃起を妨げる酵素「PDE-5」を阻害し力強い勃起を促します。

メガリスはバイアグラやレビトラよりも効果が出るのに時間がかかりますが作用時間が長く、他の治療薬の作用時間が3~5時間程度なのに対し、メガリスは24~36時間程度持続します。

ジェネリック医薬品なので安価ですが、日本では処方の許可がされていないので、入手するには現地に買いに行くか、代行業者から購入するか個人輸入しかありません。

メガリスは他のED治療薬より食事の影響を受けにくくなっていますが、食前に服用するのが効果的です。

メガリス20mgの場合1日に1回1錠までです。

次の服用までには最低でも24時間は空ける必要があります。

また、心臓や脳、肝臓等で血管障害による病気を経験した方は服用前に医師に相談して下さい。

メガリスはバイアグラやレトビラよりも副作用が穏やかと言われていますが、全く出ないわけではありません。

体質や体調によっては頭痛、めまい、消化不良、鼻づまり、腰背痛、目の痛み、筋肉痛等が出ることがあります。

作用時間が過ぎても副作用が治まらない場合は、服用を止め病院を受診してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ